シリウスのデメリット!ページ移動でグーグルからの評価が下がる!?

×

 

今回はお手軽HTMLサイト作成ツールとして有名なシリウスの、あまり知られていないデメリットについてです。
このデメリットはシリウスでサイト作成中にページ移動をすることで起こり得ることで、もし該当するならSEO的に不利になります。

 

グーグル先生からの評価がなかなか上がらないサイトがある場合は、知らずにやっているかもしれないので、その状態になってしまう要件と解消(解決)法を確認していきましょう。

ページ移動でなぜ評価が下がる?

 

rere1

 

シリウスではこのようにカテゴリーページの中にエントリページ(個別記事)を追加することができますが、

現在のカテゴリーから個別記事を他のカテゴリーに移す場合はサイトのアップロード前に行っておく必要があります。

 

サイトをアップロードした後にカテゴリー間の移動をしてしまうと、ページURLが変更されてしまうのでHTMLソースが荒れてしまい、グーグル先生に低い評価を付けられてしまうからです。

 

 

例えば…

 

rere3

 

シリウスでカテゴリーページを作成する場合には、このようにカテゴリーページの中にそれに関連したエントリーページが入ることとなります。

 

※今回は説明の為、何も関連していないページですが…

 

このサイトであれば、【得点別ショップ】というカテゴリーに90点以上、70点以上、50点以上というエントリーページが入っています。

その下の【その他・コラム】というカテゴリーには、なぜグーグルの評価が…というエントリーページが入っています。

 

この作業をアップロード前にするか、アップロード後にエントリーページを移動させなければ問題はでないのですが…

 

悪い例

 

rere4

 

シリウスで作成したサイトをアップロードした後に、別のカテゴリーに移動させてしまった場合はページのURLが前のから変更されてしまい、SEOに不利な影響を受ける為グーグル先生からの評価が下がります。

 

 

URLの変更とは?

 

先ほどの画像でいうと、例えばカテゴリーURLが【得点別ショップ】は≪カテゴリー1≫で、【その他・コラム】は≪カテゴリー2≫というURLだったとします。

 

その時にエントリページのを移動させると…

 

得点別ショップの時のURL

http:●●.com/カテゴリー1/entry1.html

 

 

ですが、カテゴリーを≪その他・コラム≫に移動させるとURLが

http:●●.com/カテゴリー2/entry1.html

 

このようになってしまい、前のURLは記事がないのにURLだけが残るようになってしまうということです。

 

少し説明が分かりにくいと思いますが、サイトをアップロードした後にエントリページを別のカテゴリーに移動させると良くないよ!ということです^^

 

次はこの問題を解決する方法です。

 

カテゴリー移動させても評価を下げない方法

 

※この方法は既存のサイトにしても最初の設定でURLが自動生成されてしまうので、必ず新規サイトでするようにしてください。

 

rere5

 

シリウスのサイト編集画面に入ったら、【サイトオプション】【ファイルに関する設定】へと進みます。

 

このページに【各ファイルの生成先ファイル】という項目があるので、ここを全て同一階層に生成に変更することでURLが変更されてしまうのを防ぐことができます。

 

 

これはデフォルト設定の場合は、先ほども述べたように

≪http:●●.com/カテゴリー1/entry1.html≫のようなURLになってしまうのですが、

 

この設定を変更することにより、URLがhttp:●●.com/entry1.htmlと、このようにエントリーページ(個別記事)のURLしか生成されなくなるので、

カテゴリーから別のカテゴリーに移動をさせたとしても以前のURLが残ってしまうようなことがなくなります。

 

 

つまりはエントリーページだけでサイトを生成したような状態になるわけですね。

 

 

今回のシリウスのデメリットは結構知らない人が多いと思いますが、知らないと大きな落とし穴になってしまう可能性があるので参考になれば幸いです。

 

 

また、今回の解説は少し自信がないので、よく意味が分からなかった場合はメールで連絡してもらうか、コメント欄に書き込んでもらえればと思います。

 

コメントを残す