FX 口座

【超簡単】エックスサーバーから「wpX Speed」に移行したらサイト表示速度が激速になった!

どうも、ぽるです!エックスサーバーから「wpX Speed」にしました!

運営しているサイトが激重だったので、表示速度をどうにかしたいと思いサーバー移転を決意しました!

正直、サーバー移転とか難しそうなんで、プラグインでどうにかできないと思い色々試行錯誤していたんですが、まったく改善できなかったんですよ。

そこで重い腰をあげてサーバーの移転に踏み切りました。

サーバー移転?なにそれ?難しそう…なんて不安しかなかったぽるですが、やってみたら超簡単!スムーズに設定がいけば5~10分くらいで終わります。

というわけで、今回は、エックスサーバーから「wpX Speed」への移転方法をまとめています。

ぽるのようにサーバー移転初心者の方は参考にしてみてください。

どのくらい表示速度が改善するの?

ビフォー

まずは「PageSpeed Insights」の表示速度。

PCで見た時はまだましなんですが、スマホが壊滅状態。

PCの表示速度
PCの表示速度
スマホの表示速度
スマホの表示速度

問題はそれだけでなく、なぜかスマホで見た時は表示されない!(アクセスが集中する昼間のみ)

スマホでみた画面

これがビフォーの状態!WP Fastest Cache Premiumなどの有料プラグインを使っていてもこれなのでヤバいですよねw

アフター

 

『wpX Speed』への移行手順

まずは「wpX Speedのログイン」から管理パネルに入ります。

ドメインを追加する

ドメイン追加設定

まずやることはドメインを追加すること。

「ドメイン追加設定」→「ドメイン追加」と進みます。

次に移行したい「ドメイン名」を入力します。(https~等は省きます。)

入力したら「ドメインの追加(確認)」をクリックして次に進みます。

認証方法ドメイン追加の認証画面になるので、ここでは移行が簡単な「WEB認証」を選択します。

そのまま下にスクロールしていくと、

WEB認証の手順

WEB認証の手順が書かれている場所があります。

そこの「ダウンロード」をクリックして、「wpx.html」ファイルをダウンロードします。

FTPソフトにアップロードする

次にやることはFTPソフトに、先程ダウンロードしたファイルをアップロードすること。

FTPを初めて使う人は「FFFTPの取得とXSERVERとの接続方法」を参考に、FTPソフトを使ってみてください。

移行するドメインをクリック

FFFTPの右画面で移行させたいドメインをクリックします。次に「public_html」クリック。

「wpx.html」をアップロード

この階層に先程ダウンロードした「wpx.html」をアップロードします。

「wp-admin」と同じ階層に「wpx.html」ファイルが入っていればOKです。

認証確認「wpX Speed」の管理パネルに戻り、認証用URLにアクセスしてみましょう。

そこで認証用IDが表示される画面になっているのが確認できたら次へ。

「ドメインの追加(確認)」「ドメインの追加(確定)」と進みます。

ドメイン追加完了画面

この画面になればドメイン追加は成功です。

注意点として、勢い余って「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリックしないようにしてください!

WordPress簡単移行を利用する

次にやることはWordPressの移行作業。wpX Speedには簡単移行があるのでめベリーイージーです!

簡単移行

サイドバーの「WordPress簡単移行」をクリックします。

必要事項

ここに必要事項を入力していきます。

1.移行させたいサイトのURL

移行させたいサイトのURLを入力。httpやhttpsを選択することができます。

2.WordPressの管理情報

移行させたいWordPressのログイン情報を入力します。

3.移行後のサイトURL

wpX Speedに移行した後のサイトURLですね。基本的にhttpsが無難でしょう。

WordPressを移行の確定画面

全て入力したら、『WordPressを移行する(確認)』→『WordPressを移行する(確定)』で次に進みます。移行中確定すると、WordPress移行画面になります。

移行ステータスはず~っと0%のままなので、たまに再読み込みをして終了しているか確認してみてください。

移行完了

私の場合、80記事くらいあるサイトですが3分くらいで終わりました。

ネームサーバーを変更する

ネームサーバー変更

ドメインを契約している会社の管理画面に入り、ネームサーバーを「wpX Speed」専用のに変更します。

私が使用しているお名前ドットコムでは、このような感じで入力していきます。

ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp

このネームサーバーの書き換えが終われば、移行作業は完了です。

ドメイン会社によって時間は異なり、お名前ドットコムの場合は24時間~72時間かかるようです。

サーバーが移行完了したかチェック!

サーバーが本当にへ移行完了したかチェックするには「DNS伝播チェッカー」を使用します。

 

入力項目

  • 1.移行したURLを入力する
  • 2.NSに変更する
  • 3.探すをクリックする

サーバーの状況

右側の赤枠で囲っているところが「ns1.wpx.ne.jp」と表示されれば完了です。

上の画面では、まだエックスサーバーからwpX Speedに完全に切り替わっていないところもあるようですね。

以上がエックスサーバーからwpX Speedに移行する方法でした。おつかれさまでした。